ブログ

黄色のバラに思いを込めて 【おしたく日記6月号】

こんにちは🎵

岡崎市納棺師、したくや縁です🎵

今月6月は父の日があり

ご納棺の時、お顔元に添えるお飾り花を

「お父さん」には黄色のバラをご用意🌹

ある程度、数を作ってはいましたが

今月は男性(お父さん)率が高く💦

珍しく増産させていただきました✨

今回はその中のお話をおひとつ…

お世話になっているお坊さんからのご紹介✨

お父さんは90代

入院中にコロナの感染拡大防止の影響を受け

ずっと面会も叶わず

「かなり弱ってきています」

「今、息を引き取られました」

も、電話での報告を受けるしかない状況

「やっと会えた時にはもう冷たかった💧」

ご家族の無念さがひしひしと伝わり…

お母さん、喪主さん、お姉さん

みなさん悔しさをお口にされて

「それなら、なおさら❗

最後のおしたく、一緒にしましょう」と

お父さんはすでにシャツとズボンのお姿でしたが

ん~💦

服を着る、というより

袖を通しただけ、なカンジ💦

脱がしはしませんが、きっちりと整え

「ちゃんとしていないと気が済まない」

という、お父さんらしいお姿にし

六文銭も落とさないようにポケットへ❗

おしたく中もずっとお側に

そしてずっとみなさん交代でお手を握られ

少しずつ、お父さんの思い出話をなされ

お気持ちも変わってきているご様子✨

死に目に会えなかった申し訳なさ、から

最後のお世話を精一杯してあげられた、へ✨

ご納棺もみなさんのお手で…

おふたを閉める前に

「今月は父の日がありますので

黄色のバラを作ってきました✨

ぜひお顔元に添えてさしあげて下さい」

喪主さんがお受け取り下さり

お父さんのお顔元へ✨

「お父さん、お疲れさま

お父さん、ごめんな、ごめんな💦

お父さん、ありがとう💕」

泣きながら言葉にしてみえました

 

それから数日経ち

七日参りをされたお坊さんからご連絡が🎵

「したくやさ~ん✨

お家の方がね、

『あのお葬式で一番印象に残ってるのは納棺師さん』

って言ってたよ~🎵

『何度もお葬式には出てるけど、お父さんが一番お父さんらしく、生きてるみたいにしてくれて嬉しかった』

『出来映えもみんなに自慢しちゃったし、何よりもおしたくの時間は今、思えば貴重な時間だった』

って喜ばれてたよ~✨」と

喜んでいただけて私も嬉しい✨

黄色のバラがお役に立てて、なお嬉しい✨

 

関連記事

ページ上部へ戻る