ブログ

5月は母の月✨ 【おしたく日記5月号】

こんにちは🎵

岡崎市納棺師、したくや縁です🎵

5月が終わります✨

5月は「母の日」→「母の月」となり

「おかあさん」の現場のお話を✨

 

80代前半の女性のお話

自宅死亡

朝起きて来なくて見に行ったら亡くなっていた、という…

いわゆる突然死です💧

ご自宅へお伺いすると

ご主人さまがご対応下さり

「ん?ご主人さまおひとり?」

そう思い、担当さんにご確認

「息子さんがみえますよ」

でも、お姿はなく…

続いて

「この後30分後に組の打ち合わせがあります」と

やや、突っ込んで打ち合わせ内容を確認すると

「組の人からのお悔やみのご挨拶です。

いつものことだけど、このご時世

打ち合わせとしておいた方がいいので」と❗

こんなところにも「コロナ」の影響

お葬儀の場面でも

一戸につきおひとり参加のみ、とか

会食は全てお持ち帰り、とか

「新しい生活様式」となっています💦

だからこそ

おしたくの場面では別の波が寄せていて…

通夜、葬儀には出られないからこそ

ご自宅にお悔やみにみえる方が増えていて

その空間ははっきり言って「三密、密密💦」

おしたくの途中で組の方へのお悔やみのお時間を取り

その頃に息子さんのお姿を発見‼️

組の方へのご対応されていて…

その後

組の方もお帰りになり

ご主人、息子さん、おばあちゃんの妹さん3人

ご家族のみで作業を進めさせていただき

ご主人は突然のことに納得いかないお気持ちを言葉にして発され

妹さんたちも「ふむふむ」賛同

でも、息子さんは言葉もなく

おひとりお部屋の隅っこで涙目

妹さん方の「○○くん、こっちおいでよ」

にも全く反応せず、部屋の隅っこの息子さん💦

でも、ご納棺の時にはお力お借りでき

「もうこれが最後のチャンスだよね‼️」のタイミングでお声掛け✨

「5月は、今までは『母の日』だったけど

今年から『母の月』に変わりましたよね✨

だから、私、赤いカーネーションのお飾り持ってきました🎵

この方を(故人さま)を『おかあさん』って呼べる方にぜひお飾りいただきたいと思います✨」

必然的にみなさんの視線は息子さんへ

息子さん、お部屋の隅っこからお棺に近づいて下さり

「おかあさんのこと、なんて呼んでらっしゃいましたか?」

「おっかぁ」

「では、そう呼びかけてこのカーネーションをお飾り下さい」

息子さん

カーネーションを手にするなり

「おっかぁ❗おっかぁ‼️」連呼✨

「おっかぁ、ありがとう💕」

思いが一気に堰を切ったよう💦

わんわん泣いて、ぎゅうぎゅう手を握り

あぁ、良かった✨あのまま隅っこにしなくて✨

あまりに突然のことでショックなのは当然

でも

時間はどんどん進みお別れもままならなくなる

そうなれば息子さんの気持ちは置いてきぼり

その場からは動けなくなって、ずっとそこに💦

息子さんが前に進むために何ができるのか?

カーネーションがお役に立ってくれました✨

私が失礼する時には、きちんとお見送り下さり

お姿を隠すこともありませんでした✨

何か…一つ乗り越えられたんでしょうね✨

さぁ、明日からは6月

6月は父の日(たぶん父の月になる?)

黄色のバラも製作

#岡崎市納棺師 #フリー納棺師 #したくや縁 #おしたく日記

関連記事

ページ上部へ戻る