ブログ

【おしたく日記】 ~納棺師のオシゴト~

「ネットで調べた」と

おしたくのお問い合わせがありました

お話をお伺いすると

故人さまはまだお若い女性

本日、お通夜

急に顔色が変わってきて困っている

母親(故人さまの)がお化粧したいと言っている

メイクのやり方を教えてほしい

とのこと

「お葬儀屋さんから

納棺師のオススメはありませんでしたか?」

どうやらお断りしたご様子

やり方を教えてと言われても

容態がわからなければ答えようもなく

その旨をお伝え

「ではお化粧だけお願いすることはできませんか?」

「だけ」というオーダーは

受けていないことをお伝えしましたが

「お願いできませんか?」と涙声💧

危険な依頼とわかっていましたが

あまりにも困ってるご様子💦

お伺いすることにしました

お顔を拝見し、お身体を観察すると

かなりかなり容態が悪く↘️

その状態で私にできることは限られていました

処置もその時にできる限りの処置をし

お顔色を整え

とりあえずご依頼にはお応えできましたが

その後、どうなるか予想がつきました

ご家族からは

「もう少し早くお願いしていたらよかったかな」

と、いう声も聞こえましたが

「そうです」とおこたえしたら

ご家族を後悔のドン底に突き落とすことになります💦

私は何も言わず作業をし

「とりあえずの応急処置はしましたが

この後お棺にご移動されるときは

鼻やお口から体液が出てくるかもしれません

その時は拭き取ってあげてください」

と、だけお伝えできました

 

人は亡くなると同時に腐敗が始まります

それはどんな人でも誰でも同じ

自然現象なのです

・病院でキレイにしてもらったから

・見た目変わってないから

などの判断で納棺師を使わないお宅もあります

そのままの状態でお別れできるのは

奇跡だと思ってください‼️

確実に腐敗は進んでいきます

納棺師が処置をしっかりすることで

腐敗の進行を遅らせることはできます

腐敗は進んでしまったら止められません

・昨日までよかったのに

・朝までよかったのに

手遅れになったら

何も施しようができない場合もあります

納棺師は遺体取り扱いの専門職です

納棺師は遺体保存の専門職です

おしたくは手遅れにならないための

予防だと思ってください‼️

早めにお棺に入っていただくのも

処置をするのもドライアイスを当てるのも

全部意味があって行っているのです

 

 

  • 【おしたく日記】 ~納棺師のオシゴト~ はコメントを受け付けていません。
  • 未分類

関連記事

ページ上部へ戻る